「公立図書館の最低基準」関係文献リスト(発表年月順配列)

2017.09.24 Sunday

0

    「公立図書館の最低基準」関係文献リスト(発表年月順配列)

                              (2018年5月9日現在)

     

                                           薬袋秀樹

     

                      *入手した文献のうち、整理したものを収録しています。全国図書館大会

                         記録については、当該部会名を題名とし、丸括弧内に大会記録名を付記

                         しています。

     

    1)西崎恵『図書館法』日本図書館協会,1970.3,202p. 羽田書店1950年5月刊の復刻.      

    2)井内慶次郎『図書館法 遂条解説』社会教育研究会,1950.7.1(『社会教育』第5巻

          第7号附録),80p.

    3)西崎恵『新社会教育行政』良書普及会,1950.7.15,134p.

    4)武田虎之助「図書館法施行規則の公布について」『図書館雑誌』44(8),1950.8,p.

          187-188.

    5)川崎繁「公立図書館の最低基準について」『社会教育』6(1),1951.1,49-51.

    6)石田清一「公立図書館の基準」『図書館ハンドブック』日本図書館協会編,1952.

          12,p.94-96.

    7)図書館雑誌編集委員会「図書館法改正のために」『図書館雑誌』47(3),1953.3,p.

          66-67.

    8)吉岡三平「図書館法改正の要点」『図書館雑誌』47(5),1953.5,p.136-137.

    9)「図書館法改正のために 図書館法委員会全記録」『図書館雑誌』47(11),1953.

           11,p.348-350.

    10)井内慶次郎『図書館法の解説』明治図書出版,1954.6(学校図書館学講座),90p.

    11)廿日出逸曉「図書館法改正委員会報告」『図書館雑誌』50(8),1956.8,p.331-332.

    12)「図書館法改正委員会報告」『図書館雑誌』51(12),1957.12,p.554-558.

    13)小林岩彦「図書館法改正は他人事ではない」『図書館雑誌』54(1),1960.1,p.4-5,

           7.

    14)「図書館法改正草案についての委員の意見」『図書館雑誌』54(1),1960.1,p.8-18.

    15)「図書館法改正委員会」『図書館雑誌』54(4),1960.4,p133-134.

    16)渋谷国忠「図書館法」『図書館ハンドブック』増訂版,日本図書館協会編,1960.7,p.

           79-90.

    17)渋谷国忠「図書館の基準」『図書館ハンドブック』増訂版,日本図書館協会編,1960.

           7,p.97-100.

    18)「図書館法改正に関する意見書」『図書館雑誌』55(9),1961.9,p.301.

    19)「B部会 図書館法と行財政問題(昭和36年度全国図書館大会議事録)」『図書館

       雑誌』56(2),1962.2,p.72-76.

    20)宇井儀一「図書館法改正問題に関する私見」『神奈川県図書館学会誌』12,1962.

           2,p.1-4.

    21)清水正三、裏田武夫対談「これからの図書館基準はどうあるべきか−その三 公共

           図書館」『丸善ライブラリーニュース』31,1963.3,p.4.

    22)「市町村立図書館部会(昭和38年全国図書館大会記録)」『図書館雑誌』58(5),

           1964.5,p.205-206.

    23)「都道府県立図書館部会(昭和38年全国図書館大会記録)」『図書館雑誌』58(5),  

           1964.5,p.207-208,211.

    24)「図書館法の最低基準の改訂に関する陳情書」『公共図書館部会報告書』昭和38年

           度,1964.5,p.39-40.

    25)小林重幸「公立図書館の基準問題について」『図書館雑誌』58(6),1964.5,p.286-

           288,271.

    26) 「公共図書館態勢部会(昭和39年全国図書館大会記録)」『図書館雑誌』

           58(13),1964.12,p.592-596.

    27)蒲池正夫「公立図書館の設置および運営に関する基準案のできあがるまで」『図書

           館雑誌』61(3),1967.3,p.133-134.

    28)前川恒雄「公共図書館基準論」『図書館界』22(6),1971.3,p.230-236.

    29)伊東正勝「図書館制度」武田虎之助編『図書館学学習の手引』日本図書館協会(図

      書館の仕事 24),1973.9,p.42-59.

    30)森耕一「最低基準」『公共図書館』雄山閣出版,1976.8(日本図書館学講座 4),p.

       182-183.

    31)坪井喜造「<北から南から>国庫補助に関する諸問題」『図書館雑誌』73(6),1979

          .6,p.316-317.

    32)日本都市センター都市行財政研究委員会『新しい都市経営の方向』ぎょうせい,

           1979.10,p.132.

    33)裏田武夫「序論−問題提起のために」『図書館法研究−図書館法30周年記念・図書館

           法研究シンポジウム記録』日本図書館協会,1980.7,p.7-28.

    34)武田英治「図書館法の諸問題」『図書館法研究−図書館法30周年記念・図書館法研究

           シンポジウム記録』日本図書館協会,1980.7,p.29-70.

    35)小川剛「社会教育における条件整備の問題−公共図書館における設置・運営基準の設

           定をめぐって」『日本教育法学会年報』10,1981.2,p.157-181.

    36)図書館問題研究会編著『まちの図書館−北海道のある自治体の実践』日本図書館協

       会,1981.9,p.213-234.

    37)地方自治経営学会編『国が妨げる自治体行革』中央法規出版,1985.3(地方自治経営

           シリーズ1),p.52,216-217.

    38)「平成元年度(第75回)全国図書館大会決議 公立図書館に対する国庫補助条件にか

           かわる「館長の司書資格要件の廃止ならびに司書配置基準の緩和」に強く反対する」

          『図書館雑誌』84(1),1990.1,p.10.

    39)前田章夫「公共図書館の基準法制」『生涯学習計画と社会教育の条件整傭』小林文人,

       藤岡貞彦編著,エイデル研究所,1990.2, p.86-103.

    40)編集部「図書館長司書有資格要件廃止、阻止される」『みんなの図書館』153,1990.2,

           p.74.

    41)臨時行政改革推進審議会「国と地方の関係等に関する答申」『「地方の時代」の新展

           開−新行革審答申』ぎょうせい,1990.3,p.1-71.

    42)「国と地方の関係等に関する改革推進要綱(平成元年12月29日閣議決定」『「地方の

           時代」の新展開−新行革審答申』ぎょうせい,1990.3,p.73-87.

    43)松岡要「1980年代の図書館法をめぐる状況−国庫補助金,委託,図書館政策」『図書

           館雑誌』84(4),1990.4,p.195-198.

    44)地方自治経営学会編『ふるさと創生と地方分権』ぎょうせい,1990.4(新・地方自治

           経営シリーズ  11),p.406-407.

    45)「図書館問題研究会第37回全国大会基調報告(案)」『みんなの図書館』158,1990.7,

           p.1-53.

    46)前田章夫「公立図書館の基準と国庫補助」『図書館法を読む』森耕一編,日本図書館

           協会,1990.10,p.171-185.

    47)「「最低基準」の見直し始まる」『みんなの図書館』161,1990.10,p.89-90.

    48)「国庫補助を受けるための公立図書館の最低基準(案)」『図書館雑誌』

           85(7),1991.7,p.410-411.

    49)「文部省訪問、学習情報課長らと懇談」『みんなの図書館』174,1991.11,p.79-82.

    50)山口源治郎「「公立図書館の設置及び運営に関する基準(案)」の内容と問題点」『月

           刊社会教育』435,1992.8,p.70-80.

    51)日本図書館学会企画委員会『図書館法改正の動向−最低基準に代わる図書館政策のあ

           り方を求めて:日本図書館学会1998年度特別研究集会機〇駑曾検1998.6,82p.

    52)糸賀雅児「図書館法改正の動向と二つの基準(基調報告要旨)」『図書館法改正の動

       向−最低基準に代わる図書館政策のあり方を求めて:日本図書館学会1998年度特別

           研究集会 資料集』1998.6,p.5-6.

    53)松岡要「図書館の設置・運営の基準について(パネリスト発表資料)」『図書館法改

       正の動向−最低基準に代わる図書館政策のあり方を求めて:日本図書館学会1998年

           度特別研究集会 資料集』1998.6,p.7-8.

    54)生涯学習審議会「社会の変化に対応した今後の社会教育行政の在り方について(答

           申)」1998年9月17日『社会教育に関する答申集』7,全国社会教育委員連合編,全日

      本社会教育連合会,1998.10,p.11-48.

        (http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/old_chukyo/old_gakushu_index/toushin/1315178.htm

    55)前田章夫「公立図書館の基準と補助金」『図書館法と現代の図書館』塩見昇,山口源治

           郎編著,日本図書館協会,2001.2,p.180-193.

    56)  田中久文「『公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準』(文部科学省告示2001.7)

           についての雑感」『日本図書館情報学会誌 』48(4),2002.12,p.175-181.

    57)田中久文「望ましい基準と県立図書館とのかかわり」『関東地区公共図書館協議会研

           究集会報書』平成14年度,2003.3,p.33-37.

    58)山口源治郎「公立図書館における基準法制および基準づくり」『日本の社会教育』

           47,2003.9,p.119-131.

    59)前川恒雄、石井敦『図書館の発見』新版,日本放送協会,2006.1,p.156-157.

    60)  池内淳「公立図書館基準再論」『明日の図書館情報学を拓く : アーカイブズと図書館

           経営 : 高山正也先生退職記念論文集』高山正也先生退職記念論文集刊行会編, 樹村房,

           2007.3,p.174-192.