〇 なぜ報告書は必要なのか(3)

2017.03.15 Wednesday

0

    なぜ報告書は必要なのか(3)

                                          

                                                            2017.3.15 薬袋秀樹

     

                               【記事一覧の見方】

                この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ることができ

                        ます。新しい順に並んでいます。画面右下の other の下の  RSS1.0 をクリックすると、記事一覧

                          を見ることができます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。

                          それ以前の初期の記事は「図書館の基礎知識:ブログ 目次」 (http://toshokanron.jugem.jp/?eid=65)

                                    に記事一覧が掲載されています。

     

     

      多分最初の年だったと思います。年度末が近付き、調査研究報告書の原稿の締め切

    りが近付いてきました。当時、非常に忙しく、報告書の原稿は、途中まではできてい

    たのですが、締め切りまでに仕上げられるかどうか、自信がありませんでした。

     そんなある日、推進室担当の事務官の方が「報告書があるのとないのとでは、本省

    の対応が天と地ほど違います。実績の資料を積み上げることが必要なのです」と助言

    してくれました。

     非常に実感がこもった言葉で、迫力がありました。報告書がなくて、悔しい思いを

    されたこともあったのかも知れません。

     この言葉で、報告書作成の仕事の重要性を実感できました。私も「予算獲得には実

    績が必要である」ことを知識として知っていましたが、このような具体的な形では実

    感していませんでした。

     図書館の司書の皆さんはいかがでしょうか。司書の皆さんは、このことを理解して、

    肝に銘じているでしょうか。これは、国立大学における予算要求の場合であり、地方

    公共団体の公立図書館の場合とは異なりますが、「予算獲得には実績が必要である」

    という点では同じだと思います。

     実績を理解してもらうのに報告書が必要な場合が多いと思います。報告書の作成に

    もサービスと同じくらい力を入れることが必要だと思うのですが、いかがでしょうか。

     

    スポンサーサイト

    2017.09.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする