〇 なぜ報告書は必要なのか(2)

2017.03.14 Tuesday

0

    なぜ報告書は必要なのか(2)

                                 2017.3.14 薬袋秀樹

     

                               【記事一覧の見方】

                この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ることができ

                          ます。新しい順に並んでいます。画面右下の other の下の  RSS1.0 をクリックすると、記事一覧

                                    を見ることができます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。

                                    それ以前の初期の記事は「図書館の基礎知識:ブログ 目次」 (http://toshokanron.jugem.jp/?eid=65)

                                    に記事一覧が掲載されています。

     

      この後、大学では、生涯学習教育研究センターの設置をめざすことになり、そのた

    めに、生涯学習推進室という組織を設置することになり、私がその室長を務めること

    になりました。推進室の活動の中で、非常に印象的なできことがありました。そのこ

    とを書きたいと思います。

     その前に、その後のことを書いておきます。生涯学習推進室は様々な活動を展開し、

    2年8か月活動しました。文部省に生涯学習教育研究センターの設置を要求した結果、

    生涯学習教育研究センターの設置が認められ、私はセンター長を務めることになりま

    した。

     生涯学習教育研究センターは、2年6か月活動しましたが、大学統合の際に廃止さ

    れ、大学統合の趣旨を活かすために、もっと大きく新しいコンセプトのセンターが設

    置されました。生涯学習教育研究センターの業務はそれぞれの組織で分担されること

    になったと思います。

     室長とセンター長を通算すると、5年2か月、足かけ6年間で、この種の仕事の経

    験のない私には結構長かったです。

     推進室では、最初の話にあったように刊行物を発行することになりました。『生涯

    学習推進室ニュース』(年4回刊)、調査研究報告書(年1回)、『年報』(年刊)

    を毎年刊行しました。

     めでたく生涯学習教育研究センターの設置が認められた背景には、ささやかながら、

    これらの調査研究活動と刊行物の成果があったと思います。

     印象的なできごとはこの刊行物に関することです。

    スポンサーサイト

    2017.06.22 Thursday

    0
      コメント
      コメントする