〇 都道府県立図書館のビジネス支援サービス(1)愛知県図書館の「ビジネス情報コーナー」

2016.08.23 Tuesday

0

    〇 都道府県立図書館のビジネス支援サービス(1)愛知県図書館の「ビジネス情報コーナー」

     

                                     2016.  8.24 薬袋秀樹

     

         【記事一覧の見方】

          この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ること

          ができます。新しい順に並んでいます。

          画面右下の other  の下の  RSS1.0 をクリックすると、全部の記事一覧を見ることができ

          ます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。 

     

     

    愛知県図書館の4階に「ビジネス情報コーナー」があります。同館のウェブサイトで詳しく紹介

    されています(https://websv.aichi-pref-library.jp/biji.html)。2005年3月に設置されています。

     

    「資料のご案内」として、下記の資料が挙げられています。
       ・企業・団体名鑑、年鑑、名簿類
       ・資格・就職関連図書

       ・起業に役立つ本
       ・仕事力を高める本 表現術・仕事術・ビジネス英語・データ統計など
       ・ビジネス関係の雑誌 約30タイトル
       ・CSR報告書 約250冊
       ・オンライン・データベース

     

    初めて利用する立場から、いくつか興味深い点を紹介したいと思います。

    ・「ビジネス入門」の棚があり、日経新聞社の『日経文庫』(新書版)が集められています。

     基本的な事項を迅速に理解したい時に、入門書がすぐ見つかって便利だと思います。

    ・「起業」の棚があり、「起業の方法」「起業の業種」に分かれています。後者は、業種別

     の起業・開店法で、多様な業種の本、すなわち多様な分類番号の本が集められています。

     起業や開店は、業種を決めてから考えるとは限らないので、企業や開店をしたい人には便

     利だと思います。これは多くの図書館で行われているかもしれません。

    ・「社長本」の棚があり、社長や社長業に関する本と社長が書いた本が集められています。

     いろいろな意味で興味深い切り口です。社長だけでなく、多様な組織の管理職や長にも役

     立つのではないでしょうか。

    このうち、「ビジネス入門」と「社長本」の棚はウェブサイトでは紹介されていまません。

     

     これらはごく一例ですが、このように、ビジネス関係者向けの資料が、分類番号を越えて集

    められ、ビジネス関係者が関心を持つテーマごとに再編成されています。ビジネス関係者には

    大変便利だと思います。

     このうち、「ビジネス入門」は「便利さ」の点で、「社長本」はテーマのユニークさの点で

    興味深いと思います。ビジネス書の収集・分類にも様々な方法があることがわかります。

     本の分類方法には、それぞれ長短はありますが、特定のテーマに関する本を全館から集める

    と、「新しい知識の集合体」が生まれ、個々の本の持つ意味も全く変わってきます。これらの

    資料を、利用者が検索し、館内を歩き回って集めたら、大変な労力が必要になります。それが

    一覧できるのは有難いと思います。

     まだ、「ビジネス情報コーナー」を設けていない県立図書館などでは参考になると思います。

     

     

    スポンサーサイト

    2017.09.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする