〇 公共図書館の利用案内(2)− 配架方針の案内について

2016.08.18 Thursday

0

    ○ 公共図書館の利用案内(2)− 配架方針の案内について

     

                                     2016.  8.18 薬袋秀樹

     

          【記事一覧の見方】

             この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ること

             ができます。新しい順に並んでいます。

             画面右下の other  の下の  RSS1.0 をクリックすると、全部の記事一覧を見ることができ

             ます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。 

     

      公共図書館の資料にはいくつかの種類があります。はっきり区別されるのは、図書、新聞、雑

    誌、視聴覚資料(CD、DVD)、郷土・地域資料でしょう。これらは、配置場所も区別され、

    利用案内で案内されています。

      資料の区分はそれだけではありません。図書は、いくつかの種類に分かれ、区分して配架され

    る場合があります。参考図書、新書、文庫等です。この配架方針は図書館によって異なります。

      一般図書と参考図書を混配している図書館と、参考図書を一般図書と区別して、参考図書コー

    ナーに集めている図書館があります。参考図書の一部だけを参考図書コーナーに置き、他は混配

    している図書館もあります。

      新書を1か所に集めている図書館もあれば、文庫を1か所に集めている図書館もあります。こ

    れは、それぞれの図書館が重視する利用方法が異なるためと考えられます。

      1つの主題に関する資料ができるだけ多く1か所に集まっている方が便利だと思う場合は、参

    考図書、新書、文庫も混配することになります。この場合、1つの主題に関する資料を求めて、

    あちこちの書架を探す必要が少なくなります。

      他方、参考図書、新書、文庫がそれぞれ1か所に集まっていて、それぞれの中から選べる方が

    便利だと思う場合は、参考図書、新書、文庫をそれぞれ1か所に集めることになります。新書や

    文庫は、混配すると、一般図書の間に隠れてしまい、見つけにくくなります。また、短い時間で

    読める本を求めて、新書や文庫の中から本をを探すことがあります。

      図書の配架は、この3種類の資料の配架方法によって変わってきます。図書館によって配架方

    針が異なるため、利用者は、その図書館に慣れない間は、しばしば、必要な資料を見落としてし

    まいます。

      新聞、雑誌、視聴覚資料、郷土・地域資料に加えて、参考図書、新書、文庫の配架方針につい

    ても、利用案内のリーフレットや掲示で案内するべきだと思います。そうすれば、利用者に図書

    館の配架方針がよくわかり、書架の配列や本の所在も理解しやすくなると思います。

      利用案内のリーフレットや掲示で、このような配慮を行っている図書館がありましたら、ぜひ

    教えてください。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2017.10.17 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする