○ 都道府県立図書館の館内案内・書架案内図について(1)

2016.08.11 Thursday

0

    ○ 都道府県立図書館の館内案内・書架案内図について(1)

     

                                    2016. 8.10 薬袋秀樹

     

        【記事一覧の見方】

         この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ること

              ができます。新しい順に並んでいます。

           画面右下の other  の下の  RSS1.0 をクリックすると、全部の記事一覧を見ることができ

              ます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。     

                                                                                    

      県外住民の利用者として、愛知県図書館を久々に訪問しました。同館の現状をもとに都道府

    県立図書館の館内案内・書架案内図について考えてみたいと思います。

     

    ・愛知県図書館の館内案内図

     愛知県図書館は5階建てで、1〜4階が開架スペースです。したがって、よく大型書店や大

    型スーパーで見る、各階の内容を示した長方形・縦長の案内図があります。これに近いものが

    同館のウェブサイトの「館内紹介−フロアガイド」のページの下半分に掲載されています

     (https://websv.aichi-pref-library.jp/floorg.html)

     この案内図は、1階の入口を入った左手の掲示板、各階のエレベータの入口、各階の階段の

    入口全部に掲示されているので、必ず目に入ります。1階の入口以外は、かなり大きくて見や

    すいです。2階建て以上の建物では、この種の案内図が必要だと思います。

     

    ・愛知県図書館の書架案内図

     愛知県図書館では、書架の列ごとに数か所、カラー印刷でプラスチックケースに入れた書架

    案内図が書架の側面に貼りつけてあります。かなり詳しいものです。これもウェブサイトで公

    開されています(https://websv.aichi-pref-library.jp/floormap/shoka4.pdf)。このため、

    どこにいても、すぐ近くで書架案内図を見ることができます。入口やカウンターを離れて、書

    架の奥に行っても、近くで見ることができます。ただし、書架案内図は配布していないようで

    す。

     

    ・あなたの図書館に館内案内図、書架案内図はありますか?

     あなたの図書館では、この2種類の案内図が作成されていますか? ぜひ一度点検してくだ

    さい。ある図書館の例について考えてみたいと思います。

     

    ・館内案内図について

     閲覧スペースは1〜2階ですが、入口周辺と1階の柱に、2階に何があるかを示す館内案内

    図が見当たりません。長方形の館内案内図の掲示が欲しいと思います。

     2階に上がる階段の横には、2階にある資料のごく一部を示す掲示板があります。2階には、

    郷土資料、地方行政資料、地図、新聞縮刷版、教科書等があります。2階に上がる階段の横に、

    2階にある資料の内容を示す掲示が欲しいと思います。

     もっと多くの利用者に2階の資料を活用してもらうには、1階の入口や階段の入口にそのよ

    うな掲示が必要です。

     

    ・書架案内図について

     この図書館では、書架案内図は、1階と2階について、詳しいものが作成されています。こ

    れはウェブサイトにも掲載されており、印刷物が入口の手前のロビーと貸出カウンターの手前

    の「利用案内」用のパンフレット棚、その他の場所に置かれています。

     書架案内図が作成されているのですから、その掲示が欲しいと思います。1階の入口を入っ

    た所の正面の柱には、1階の書架案内図が掲示されていますが、奥の書架には掲示が少ないで

    す。書架の列ごとに数か所の掲示が欲しいと思います。また、2階の階段を上がったところに、

    1階にあるような書架案内図が必要です。

     

    ・書架案内図を工夫してみよう

     福岡市総合図書館で、以前、プラスティックケースに入れたカラー印刷の書架案内図をいく

    つかカウンターに用意しておき、利用者に貸出しているのを見ました。大変見やすい案内図で、

    便利な方法です。用紙と印刷費用の節約にもなります。この方法は、いくつかの図書館で用い

    られています。

     滋賀県のある町立図書館で、書架の横にポケットを貼り付けて、折りたたんだ書架案内図を

    入れてあるのを見たことがあります。入口やカウンターまで戻らなくても、書架の間で、必要

    に応じて取り出して見ることができます。

     このような工夫が必要だと思います。

     

    ・利用者の視点で

     図書館内のどこにどんな資料があるかは、図書館職員が考えるよりもわかりにくいものです。

    利用者の視点に立って、図書館内の掲示等を見直し、職員間で議論して欲しいと思います。

     

     

    スポンサーサイト

    2017.09.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする