〇「ユネスコ公共図書館宣言 1994年」について(3)

2016.05.24 Tuesday

0
    〇「ユネスコ公共図書館宣言 1994年」について(3)
                                    
                                                                    2016.5.24 薬袋 秀樹
    
    
     「宣言」の 2つ目の見出しは「公共図書館の使命」です。「情報・識字・教育および文化に
    関連した以下の基本的使命を公共図書館サービスの核にしなければならない」と述べて、12項
    目を挙げています。やや長いため、修飾語を除き、表現を簡略化して、要約してみました。詳
    しくは「宣言」をご覧ください。
    
      1.子どもの読書習慣を育成・強化する。 
      2.正規の教育,個人的・自主的教育を支援する。 
      3.個人の創造的発展の機会を提供する。
      4.青少年の想像力と創造性に刺激を与える。                                        
    
      5.文化遺産、芸術、科学の業績・イノベーションの理解を促進する。                                       
    
      6.公演芸術の文化的表現に接する機会を提供する。                                                           
    
      7.異文化間の交流と多様な文化の存立を支援する。                                                 
    
      8.口述による伝承を援助する。
      9.あらゆる種類の地域情報を提供する。                                                                 
    
      10.地域の企業・協会・利益団体に情報サービスを行う。                                                    
    
      11.情報検索,コンピュータ活用技能の発達を促す。

      12.すべての年齢の人々のための識字活動を援助する。
     
     これには、次のような特徴があります。
      第一に、12項目が挙げられています。日本の公共図書館関係文献では、1、2、4、9等が中心

    で、多くても6項目位でしょう(今後、調査したいと思います)。
      第二に、第 1項目で、子どもの読書習慣の育成・強化、第2項目で、正規の教育、個人的・自

    主的教育の支援を挙げています。この2項目が中心で、読書習慣の育成と教育の支援を重視して

    います。
       第三に、第5〜7項目で、文化遺産、芸術、科学の業績、公演芸術、異文化交流等の意義を示

    しています。広く社会に目を向け、社会における様々な知的な活動の意義をとらえています。
     第四に、第10項目で、地域の企業・協会・利益団体に対する情報サービスを挙げています。
       広い範囲にわたって、12項目を挙げている点に注目するべきだと思います。

     

    スポンサーサイト

    2017.03.23 Thursday

    0
      コメント
      コメントする