○公共図書館入門資料 1

2016.02.21 Sunday

2

〇  公共図書館入門資料 1

 

                                                                                        2016. 2.21   薬袋秀樹

 

1.公共図書館の新任職員、新任館長にすぐ役に立つ本に、次の3点があります。
 
・今まど子編著『図書館学基礎資料』第12版(樹村房、2015、138p. ¥1,080)

  機ゴ愀庫[瓠↓供ダ觚澄綱領など、掘テ字語・略語、検ゴ靄寨儻豌鮴癲↓后イ修梁

  資料(紙の大きさ等)、此ゼ舁彿幻ァ↓察ゾ年表。
  自分用のものを用意しましょう。
 
・図書館の仕事作成委員会『知っておきたい図書館の仕事−館長から各業務担当まですべての

 方に向けた図書館ガイドブック』(エルアイユー、2003、品切れ)

  図書館の仕事を具体的に簡潔に解説しています。残念ながら、品切れです。図書館になけ

  れば、県立図書館から借りましょう。

・『新任図書館長研修講義要綱』(主催 文部科学省、国立大学法人筑波大学、年刊)

  これまで、新任図書館長研修を受講した館長さんがいれば、図書館に古い版があるかも知

  れません。
 

2.公共図書館の新任職員に最初に読んで欲しい4つの文書として、次の4点があります。

・「ユネスコ公共図書館宣言 1994年」

   (http://www.ifla.org/archive/VII/s8/unesco/japanese.pdf)
・「図書館法」 (http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho)
・「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」

   (http://www.mext.go.jp/a_menu/01_l/08052911/1282451.htm)
・「これからの図書館像」
     (http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286794/www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06032701.htm


 

スポンサーサイト

2017.05.16 Tuesday

0
    コメント
    コメントする