公共図書館評価の3つの立場

2018.02.08 Thursday

0

    公共図書館評価の3つの立場

                                                                                 2018. 2. 8 薬袋秀樹

     

                                     【記事一覧の見方】

                 この記事の題名の上にある Entry  をクリックすると、新しい記事 5点のリストを見ることができ

                           ます。新しい順に並んでいます。画面右下の other の下の  RSS1.0 をクリックすると、記事一覧

                             を見ることができます。上から新しい順に全記事が並んでいます。一番上の記事が最新の記事です。

                                     それ以前の初期の記事は「図書館の基礎知識:ブログ 目次」 (http://toshokanron.jugem.jp/?eid=65)

                                     に記事一覧が掲載されています。

     

     この間、公共図書館の評価について考えてきました。現在、公共図書館の評価につ

    いては、3つの立場があると考えています。

     

     ‖濬从数を中心に評価する立場

      貸出冊数は図書館サービス全体のレベルを反映していると考えて、貸出冊数だけ

      で評価し、貸出冊数が多い図書館を評価する。貸出冊数が最も多いレベルの図書

      館のリストを作成することもある。

     

     一定の高い貸出冊数が必要であることを認めた上で、それ以外の指標も重視する。

      貸出冊数が図書館サービス全体のレベルを反映するとは考えない。貸出冊数が多

      いだけでなく、多数の利用者に利用してもらうことを重視する。そのためには、

      多様な資料やサービスが必要であると考える。指標としては、実質利用率等を用

      いるほか、多様なサービスを評価するための指標が必要と考える。

     

     図書館については△旅佑方であるが、地域の条件の違いを考慮する。

      地域のニーズや財政力を考慮し、その中での自治体側の努力を評価する。全国的

      に見て、利用の数値が非常に高くなくても、その地方で高ければ、評価する。都

      市部の図書館だけでなく、地方の市町村の図書館で、近隣の図書館よりもサービ

      スが多様で、利用が多い図書館を評価する。

     

     には、´△箸楼曚覆覺囘世含まれています。´△鉢は、次元が異なるので、

    区別して考える必要があります。

     私の立場は、,鉢△任廊△如∈能的にはです。△良床訴法については、ある

    程度明らかにされつつあるのかも知れません。の評価方法は、まだ明らかにされて

    いないように思います。

     ,砲弔い討蓮貸出冊数が多いグループは、全体としては評価できますが、貸出冊

    数が多くても、他のサービスが充実していない図書館もあること、少数ですが、コミ

    ックやDVDが多く、貸出冊数無制限のため、貸出冊数が多い図書館も含まれること

    を考慮する必要があると思います。

     △砲弔い討蓮基本的に賛成です。ただし、課題解決支援サービスについては、ま

    だ評価方法が検討されていないと思います。

     ´△派床舛旅發た渊餞曚涼罎砲蓮∈眄力の高い富裕な自治体や高学歴者等の占め

    る比率や人口密度が高い自治体の図書館が多いことを考慮する必要があると思います。

    このような地域の条件については語られないことが多いと思います。

     今後、△鉢の観点から、図書館評価の手法を検討する必要があると考えています。